FC2ブログ
福岡県北九州市内(稀に他県)での列車撮影を紹介します。
Yuki 1211レの気まぐれ鉄道撮影録
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お久しぶりです・・・
2018-08-15-Wed  CATEGORY: 撮影記録
またまた随分とご無沙汰してしまいました、Yuki5051レ改めYuki1211レです。
今回より名前をTwitterと同じ1211レに変えました。それに伴い、当ブログの題名も少し変えております。
更新速度は恐らく変わらずですが、引き続きよろしくお願いいたします。
・・・
去る5月末、西日本のSLで惜しまれつつ一つの終止符を打った機関車がいましたね。

DSC_0639.jpg

C56160。

前回紹介した本線復帰するD51200が本格的に動きだし引退時期が注目されていましたが、5月6日に運転された「SLありがとうC56号(回9523・9524レ)」を最後に山口線の運用を終了、30年間活躍した鉄路を去りました。
ちょっと時期が過ぎていますが、次回から数回に分けてC56160との思い出を紹介していきたいと思います。

DSC_0226.jpg

2018年1月2日 8521レ SL津和野稲荷号 C56160+DD511043+35系5B 徳佐~船平山間にて
(最初の写真は2016年1月2日に撮影の上りSL津和野稲荷号)

久しぶりの更新で短めですが、今回は以上で終わります。
ご覧いただきありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント0
夢の本線蒸機3両展示!! やまぐちSLフェア 2017
2018-01-17-Wed  CATEGORY: 撮影記録
大変ご無沙汰しています、Yuki5051レです(滝汗)
9月に更新後、仕事の忙しさがピークな時期に突入してしまい、すっかりブログが放置状態に…
例年1月末~3月にかけては仕事が落ち着く時期なので、のんびり更新していけたらなと思ってる次第です。

今回は昨年11月23日に新山口駅付近で開催されたSLフェアに参加した時の模様をご紹介いたします。
今回のSLフェアのメインは何といっても復活直前(イベント時)のD51 200です。既に山口線では試運転を何度か行ってはいますが、私自身は2000年の梅小路蒸気機関車館訪問以来、17年ぶりの再会となるのでちょっと緊張しましたね(笑)
イベント開始二時間前に到着し、会場を見るとまだ無火のC56しか見えず…時間つぶしに新山口駅で末期色115系を撮影していると遠くから2機のSLの汽笛が!!カメラを向けると・・・↓

DSC_1533.jpg
DSC_1539.jpg

重連単機入換 C571+D51200 新山口駅にて

なんと2機一緒に入換を始めたのです((((;゚Д゚)))))))
しかもわずかな距離の力行でも2機ともしっかりドラフト音を轟かせながら走っていってました。
客車は牽引してなくても、やっぱりSLが発車していく姿はかっこいいですね~(笑)

この後は転車台脇の会場へと移動。開場と同時に多くの人だかりがC56・C57・D51の前にできていました(;´・ω・)
というわけで会場内でなんとか撮影できた写真を何枚かご紹介~♪

DSC_1556.jpg

C57 1号機 (1937年製造 新製配置:水戸機関区 最終配置区:新津機関区)  

DSC_1577.jpg

D51 200号機 (1938年製造 新製配置:稲沢機関区 最終配置区:稲沢第一機関区)

DSC_1575.jpg

C56 160号機 (1939年製造 新製配置:静内機関区 最終配置区:七尾機関区)   ※各機の最終配置区は梅小路入り前。

写真を見てわかる通り、今回は3機ともナンバーが赤プレートで展示されていました。D51とC57の赤プレは初めて生で見ましたが、C56は2回目の撮影となりました。と言っても・・・↓

95212.jpg

2016年1月2日 9521レ C56 160+DD51 1043+12系3B SL津和野稲荷号 長門峡~渡川間にて

前回は黒塗り仕様の赤プレで七尾機関区にいたC56 123・124を彷彿とさせる仕様だったので、普段の姿では初となりますね(笑)
上のフェア当日の写真と見比べると、車体装飾の有無が一目瞭然だと思います。

DSC_1586.jpg
DSC_1585.jpg

(上)DD51 1043号機 (下)キハ40 2072 転車台付近にて

SLとは離れた位置に展示していた2両。既に何度も撮影している車両達なので、何枚かとって撤収しました。
個人的にはDD51ではなく、下関DE10で唯一旋回窓設置車の1531号機を展示して欲しかったんですが叶わず・・・だったんですが、聞くところによれば、自分が会場を出た後に35系の入換に1531号機が出てきたようで(´・ω・)ザンネン…

簡単な紹介でしたが今回は以上です。今回初めてのSL3機展示が行われましたが、C56が本線撤退するため最初で最後の企画だったと思います。山口線でのSL撮影は津和野稲荷号がメインとなってしまっているので、今年はやまぐち号を積極的に撮影に行きたいと思います。
では最後までご覧いただきありがとうございました!
コメント0
7月2日の撮影記録~筑豊電鉄編 PART1~
2017-09-29-Fri  CATEGORY: 撮影記録
こんにちは、Yuki5051レです。
ここ数週間多忙な状態でしたが、ようやくブログ更新の時間が確保できました~(。>ω<。)ノ

前回更新を確認すると・・・最終更新は7月!?
時間が経つのはあっという間ですね(白目)
まあ、休日の息抜きで書いている当ブログなので、今後もかなり間隔が空くこともありますが、のんびりと更新していきたいと思います。

かなり前の話ですが、7月2日と17日に筑豊電気鉄道の撮影に行ってきました。
筑豊電気鉄道(通称:筑鉄電車)は、JR黒崎駅に隣接する黒崎駅前電停から直方市内の筑豊直方電停までを結ぶ全長16キロの路線です。管理人の地元北九州市内で唯一、路面電車タイプの車両が走っている路線でもあります。
前々からひそかに狙っていた路線ではありますが、やっと撮影としては初訪問となりました(過去に一部区間の乗車はあり)。
まずは、2日撮影分より。

_DSC1426.jpg

7:54 3000形3003編成 通谷~西山間にて

黒崎駅前電停から乗車し、最初に降り立ったのは通谷電停。駅前後に急勾配があることで知られています。
写真左奥に通谷電停のホームが見えますが、そこから奥に続く線路が急坂になっているのが分かるでしょうか・・・
やってきたのは地元サッカーチーム、ギラヴァンツ北九州のラッピングを施した車両。同じ市内の北九州モノレールの一部車両にも言えることですが、ラッピングがよく目立つこと・・・(;´д`)

_DSC1430.jpg

8:06 5000形5003編成  通谷~西山間にて (前面のLEDは気にしない方向で 汗)

先程よりも少し黒崎側で撮影。ギラヴァンツ車の次に来たのは2015年にデビューした5000形が来ました。筑豊電鉄には先程の3000形・5000形の他に、2000形も所属しています。しかし、5000形デビューによる置き換えで2000形の廃車・休車が進み、現在は2003編成のみが平日の朝ラッシュで運転されています。ただ、それも来年春をもって終了なんだとか・・・

DSC07006.jpg
2004.jpg

2015年4月26日撮影 上:2006編成 筑豊中間にて 下:2004編成 楠橋車庫にて

写真は2年前に乗り鉄として訪れた時に撮影した2000形2編成。この時は計4編成が現存していた2000形。現在は2006編成のほか、2002編成が西黒崎電停脇の車両工場で休車留置(実質の用途廃止)、2004編成は昨年解体されてしまいました(2003編成は上記の通り現役)。

2018.1.17追記:2006編成は2017.10頃に解体されたようです。長年の活躍お疲れ様でした(合掌)

通谷での撮影後、乗り鉄で筑豊直方に向かい、そのまま折り返して黒崎駅前まで一気に移動した管理人。
フリー乗車券購入後は穴生電停に向かいました。この駅もなかなか面白い線形ですw

_DSC1450.jpg

10:35 5000形5001編成  穴生電停にて (相変わらずLEDが 汗)

_DSC1458.jpg

10:39 3000形3002編成  穴生電停にて (カメラの向きの関係で写真が縦長いのはご容赦ください・・・汗)
 
路面電車タイプの車両に合わない高架上にある穴生電停。黒崎方の熊西電停を出た電車は緩やかな勾配を上り、次の萩原電停を出てしばらくすると高架の上を走ります。そして、穴生電停を出ると次の森下電停に向かって一気に下ります。筑豊電鉄は結構アップダウンする区間が多いですが、その勾配のほとんどが25‰越えだったので驚きましたね(-∀-)
3002編成の写真を見てみると、架線柱の高さが奥にいくにつれてかなり低くなっているのが分かります。

_DSC1467.jpg

12:16 3000形3002編成  希望ヶ丘高校前~筑豊香月間にて

沿線に高校が点在するこの路線。撮影日も部活動生らしき様々な制服の学生が乗り降りしていましたね。
希望ヶ丘高校前を出た直方行きの列車は、急勾配をアップダウンする大カーブを駆け抜けます。偶然勾配表が写っていたので確認すると33‰・・・。短い距離とはいえ、よく空転とか起きないなと感心してしまいますwモーター音もかなり迫力があるので、音鉄の方にもおすすめです(´∀`*)
車両は穴生でも撮影した赤十字号こと3002編成。2年前もそうでしたが、私はこの車両との遭遇率が結構高いですww
この後は、近くのお店で昼食を食べて撮影継続予定でしたが、楠橋電停付近を散策中に「工臨が黒崎駅停車中」の情報を聞いて飛んで帰りましたとさw(結局発車には間に合いませんでしたがね☆)

今回は以上です。次回は17日の撮影分をご紹介します。
では、最後までご覧いただきありがとうございました。
コメント0
6月18日の撮影記録 ~クジラ8090レ・ニーナ・瑞風!~
2017-07-09-Sun  CATEGORY: 撮影記録
こんばんは。
ここ最近、模型よりも撮影に力を入れるようになったYuki5051レです。
今回の記事は、少し間が空いてしまいましたが6月18日の撮影の模様をご紹介します!
この日は、なかなかネタが充実していましたねww

_DSC1156.jpg

10:26  115系3000番台 セキN-10編成  幡生駅にて

本州入りし、最初に撮影したのはやまぐち県内の山陽本線ではまだまだ居座る活躍する2ダァの115系3000番台です。
広島地区が227系の投入で国鉄型の淘汰が進む中、下関界隈ではいまだに美祢線のキハ120以外は国鉄型という酷鐵廣嶋スタイルを守っています。
え?国鉄広島の字がおかしい?気にしたら負けd(殴

_DSC1164.jpg

10:30 5053レ EF210 149号機+コキ22B   幡生駅にて

普電が出発して数分後にやってきた5053レ。ここ最近、遠征等で撮影機が少しづつ増えているEF210ですが、今日は未撮影機の149号機がやってきました♪新鶴見かと思いきや、吹田のカマのようです。
コンテナは、日曜にしてはあまり悪くないような・・・

5053レ通過後はしばらく貨物がないので、あの列車をどこで撮影しようかと悩んでいると思わぬ朗報が。
「8090レが新下関までの運転で、牽引がクジラ(EF200)のラストナンバー」とのこと。
確かに電車で幡生操の横を通過した時にEF200がいたのは確認できましたが、まさかラストナンバーだったとは・・・
当然、逃すわけにはいかないので、2072レを見鉄して新下関へ行きました。
そこでTwitter内で交流があり、前日にも5055レの撮影をご一緒した月見うどん様と合流し列車を待ちます。

8090.jpg

12:08 8090レ EF200 20号機+新日鐵チキ9B 新下関駅にて

九州内での日鐵チキは何度か見たことはありますが、本州側の牽引機を撮影するのは今回が初めてでしたねw
EF200自体1年6カ月ぶりの撮影でしたが、やはり巨大な車体は迫力満点ですね♪

_DSC1202.jpg
EF200 20

駅到着後、チキを側線に移動する為入換を行っていましたが、新幹線高架下に停車している姿は窮屈そうな感じがしましたねww
最近急激に数を減らしているEF200。この20号機は最終全検が2008年11月となっていました。ということは現在は休車期間の延長で走っている状態なので、いつ廃車になってもおかしくないですね・・・撮影できるその時その時の時間を大切にしていきたいですね。
この入換の撮影途中、PF1131の下り単機回送が下って行きましたが、残念ながら見鉄です(泣)

この後、月見うどん様と共に長府~新下関間の撮影地、通称「西山ストレート」でニーナ牽引の1091レを撮影しました。

EF66 27 1091

14:04 1091レ EF66 27号機+コキ17B 長府~新下関間にて

あああああ、かっこいいいいい!!!

下関66亡き後、国鉄色を身にまとう唯一の66となったニーナことEF66 27号機。国鉄色と言うだけで、他機とは違うオーラを感じますねw人気の理由もよく分かります(o´∀`o)
また自分にとってはゼロロク自体も初撮影だったので、初撮影が原色のニーナで幸先のいいスタート・・・と言いたい所でしたが、先日ゼロロク33・36号機が休車となってしまったため、現在運用入りしているゼロロクは27・30号機のみとなりました。未だ未撮影の30号機が離脱前に撮影できるか怪しいところですが、チャンスがあった時は出来るだけ活かしていきたいと思います。

1091レ撮影後、今度は新下関~幡生間の有名撮影地、通称「稗田カーブ」に足を延ばしました。この場所自体はよく動画で上がるので存在は知っていましたが、幡生駅まで割と近いのには驚きましたw(徒歩10分程)
撮影構図を決めてお目当ての列車を待っていると、線路沿いに近所の方が大勢集まりだしました。
そう、あの列車を見送るためです。

瑞風 新下関~幡生

15:29 ????D トワイライトEXP瑞風 新下関~幡生間にて

ちょうどこの日が1番列車となった(17日に大阪発)トワイライトエクスプレス瑞風。24系から引き継いだ伝統の車体色を輝かせながら通過していきました。先頭2両目の屋根付近がごちゃごちゃしてますが、先頭車と後方車両はすっきりと見えるので、自分は十分満足できました。今後は特トワの時のように、山陰・山陽コースを交互に運転すると思うのでまた時間を見つけて撮影に行こうと思います。

今回はネタが多かった6月18日の模様をご紹介しました。
それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。
コメント0
6月10日の撮影記録
2017-06-19-Mon  CATEGORY: 撮影記録
こんばんは、本日2回目の更新ですね。先月撮影分の紹介が終わったので、今月分の紹介をしたいと思います。
5月が模型ずくしだったのに対し、今月は週末の撮影にかなりの頻度で出かけています。平日も時間があるときは、夕方最寄り駅を通過する5055レを極力撮影するように心がけてます(笑)

この日は週末のいつもの流れで朝の5056レより撮影開始予定でしたが、起床事故により撮影できず・・・
しかし、諦めることなく小倉駅に移動し、2071レより撮影開始です。

_DSC0795.jpg

9:49 2071レ EF81 501号機+EF81 452号機+コキ17B 小倉駅にて

朝の5056レを牽引した釜がそのまま重連の先頭に立つ運用の流れの2071レ。
以前、週末に銀ガマことEF81 303号機がこの運用に入った時は単機で牽引していたので、休日は単機牽引かと思ってましたが重連での登場でしたw先頭は500番台なのにスノプロなしの501号機だったのでうれしく思いました。
通過直前に積載状況を見てみると空コキが目立つので機関車メインの流し撮りでいきましたが、正面がきれいに止まり満足のいくカットが撮れました♪ちなみに写真の501号機、朝の5056レで先頭になる門司方正面は縦髭のような汚れがついていたようです。そっちをむしろ撮影したかったな・・・(´・ω・`)

2071レを撮影後、170レを撮影するべくスペースワールド駅へ。今年で閉園するスペースワールドですが、心配された閉園後の駅名の変更がないことが正式に発表されましたが、地元民としては喜んでいいのやら悪いのやら・・・どっちでしょうね(笑)

_DSC0847.jpg

10:56 170レ EH500 69号機+チキ9B+コキ1B スペースワールド駅にて

この日の牽引機は以前金太72号機牽引の同列車を撮影しようとして、被ってしまった対向列車の牽引機69号機でした(笑)
ファインダー越しにナンバーを確認した時、被ることを思い出し小倉方を見ましたが、ナナロク83が短機でがのんびりと接近してきていました。上の写真のように編成写真は無事撮影できたので、トリック写真ということでナナロクがチキを牽引しているように撮れないかと思いましたが、170レに珍客がいたのでそちらに釘付けになってしまいました(*σ´Д`*)
その珍客とは・・・

_DSC0848.jpg

         ↑コキ200です
山陽線通過段階では、コキは連結されていなかったので恐らく北九州貨物ターミナルで切り離されたかと思います。

3.jpg  PM-1504編成(リニューアル済)
PM-14.jpg  PM-14編成
2016年2月2日 5051レEF81 502号機PM-1編成
_DSC0801.jpg  PM-107編成

最後にこの日撮影したリニューアル工事済みのPM-1504含む数編成の811系を。
全編成のリニューアルが発表されたので、ファンが集結しだす前に少しづつ記録を増やしていこうと思います。

今回は以上です。
では、最後までご覧いただきありがとうございました。
コメント0
<< 2018/11 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2018 Yuki 1211レの気まぐれ鉄道撮影録. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。