福岡県内(稀に他県の)の列車撮影、鉄道模型を紹介します。
Yuki 5051レの鉄道日和
自身所有の鉄道模型達IN自宅 その1
2017-03-15-Wed  CATEGORY: 鉄道模型
こんばんは。本日2度目の更新です。久しぶりの模型記事になりますね。
ちょっとしたお知らせになりますが、当ブログ開設初期に更新した所有車両紹介の2つの記事ですが、投稿後に多数の変更点があったため、削除させていただきました。そこで紹介されてた車両は今後改めて紹介していきます。
私はNゲージの運転は基本的に自宅のお座敷レイアウトで行っていますが、月1・2ぐらいの割合でレンタルレイアウトで走らせることがありますが、最初は自宅での写真をいくつか紹介したいと思います。

IMG_1956.jpg

EF65 1035号機+タキ12B

九州人ではあるものの、EF65PFが大好きな管理人。きっかけは昨夏発売の雑誌「J-TRAIN」になるのかなと。
そんな訳で(?)、PFが次々に増え、現在では高崎(貨物機)&新鶴見&田端&下関の各所属機、計13両所有している状況です(笑)
初めは所有機最若番、1035号機。実車は2009年に高崎区で廃車後、倉賀野で解体となっています。加工点としては、パッと見直ぐ分かるウエザリングと初期型PFでは珍しい通風ダクトを設置しました。ヘッドライトに関しては購入時期のTOMIX0723が品切れ状態だったため自分でLEDチップに交換しました。そのため、TOMIX0723に交換した釜に比べて明るいです(^^;

IMG_1977 (1)
IMG_1978.jpg

左:EF65 1040号機 右:EF65 1069号機 (写真上:1エンド正面 下:2エンド正面)

続いては2両のPFを。管理人の機関車は基本的に1エンド先頭で走らせますが、この2両は両エンド先頭に立ちます。
PF1040の加工点は、ウエザリング(主に屋根)や1040番台に見られたジャンパ栓撤去跡の再現、そして2エンド側のスカート補修跡再現です。再現といっても、薄いグレーで塗っただけですが・・・結構それらしくなるかなと(笑)
PF1069の加工点は、ウエザリングのほか1エンド側は貫通扉の塗装剥がれを実車通りに再現しました。2エンド側に関しては、3色更新の貫通扉・スカート補修跡を再現しています。PF1069は自宅での運転では毎回登場しますが、両エンドとも特徴があるので毎回「今日はどっちのエンド先頭にしようか・・・」と迷ってしまいます(笑)


IMG_1991.jpg


EF65 1119号機+ホキ20B+タキ16B(5764レ再現)

今回の最後は原色クリームナンバーで大人気だった1119号機で締めます。
実車は周知のとおり、新鶴見PFの2000番台化まで唯一の原色+原色プレートとして知られてましたね。下関から新鶴見への移籍当初は貫通扉が白Hゴムでしたが、2008年12月の最終全検で写真の仕様になっています。
写真の中では髙機EF65の名物運用、ホキ+タキの長大編成で有名だった頃の5764レを模した編成を牽引しています。実際の長大編成5764レは2008年3月頃?にタキの連結がなくなったので、この全検明け仕様の1119号機の牽引はなかったでしょうね・・・(;´・ω・)

写真は少なめですが今回は以上です。
では最後までご覧いただきありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント0
ポポンデッタイオンモール福岡店での運転
2016-10-09-Sun  CATEGORY: 鉄道模型
こんにちは、Yuki5051レです。
今日は先月オープンしたポポンデッタイオンモール福岡店にNゲージの走行に行ってきました。
いつもは1路線で走行していますが、今回は9番線と10番線の2路線を借りての運転でした。ちなみに今回の持参車両は全て貨物です(笑)なお、今回の画像は全てスマホでの撮影になります。

2459レ2

EF64 1046号機+EF64 1016号機+コキ17B(2459レ再現)

まずは、9番線のスタメンから。以前ネットで見た、2008年頃の2459レ(隅田川→北長野)がEF64の重連仕業だったのでその再現です。画像はヒロコーが先頭に立っていますが、2008年当時はまだ岡山区在籍だったのかもしれません。今月末に牛乳パックこと、大宮更新色が再生産されるので、まずは1両買いたいところですね。篠ノ井4重単も再現したいとひそかに企んでいるので、組み合わせをどうしようか悩んでます(汗)ちなみに後ろの1016号機はTOMIX9130番からの改造車で正面がクリームナンバーなこと以外は2008年当時の高崎区1000番台原色仕様にしています。

EF65 1121 8760レ

EF65 1121号機+タキ14B(3091レ再現)

一方、10番線のスタメンはこの編成です。新鶴見EF65の運用ではかなりオーソドックスな編成ですが・・・3091レにしておきます。実際の列車は東日本大震災の影響で運休→廃止となりましたが、最近また列番が復活したようですね。編成がそれなりに長いので、5078レの代走でも通じそうですね。このレイアウト脇には、道路が(笑)柵などの障害物が何もないので、実際にあったら撮影者が集結しそうですw

8094レ

EF65 1059号機+EF64 1046号機+タキ14B(8094レ)

現在は8097レとなっている列車の以前の運転形態、EF65+EF64の重連ですが・・・この列車がこの形態で運転されたのは2013年頃なので、改番は置いといて、センゴックは既に廃車。ヒロコー1046号機も大宮タイプの広島更新色になっているので、完全に架空の組み合わせですねwww

EF65 1037 転属回送

EF210 152号機+EF65 1037号機+コキ17B(2077レ再現)

駅の側線に停車中の65ムドの貨物列車。一応設定としては、EF651037の岡山機関区転属回送としています。稲沢へのドナドナを模したなんて口が裂けても(ry
1037号機はこの後、しっかりコキ貨物の先頭に立ちました(笑)

EF65 1069 3071レ

EF65 1069号機+コキ16B(3071レ再現)

最後は三色更新もどきの1069号機で締めたいと思います。ここ最近、国鉄色で全検出場した2139号機の東海道線初運用となった3071・3070レですが、設定当初は5087・5086レと共にオールコキ50000で組成されてましたが、現在は全てコキ100系での運転となっています。

今回は以上です。今回の記事で登場した車両を含むNゲージの車両たちは、また少しずつ紹介していこうと思います。
では最後までご覧いただきありがとうございます。
コメント0
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2017 Yuki 5051レの鉄道日和. all rights reserved.