福岡県内(稀に他県の)の列車撮影、鉄道模型を紹介します。
Yuki 5051レの鉄道日和
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自身所有の鉄道模型達IN自宅 その1
2017-03-15-Wed  CATEGORY: 鉄道模型
こんばんは。本日2度目の更新です。久しぶりの模型記事になりますね。
ちょっとしたお知らせになりますが、当ブログ開設初期に更新した所有車両紹介の2つの記事ですが、投稿後に多数の変更点があったため、削除させていただきました。そこで紹介されてた車両は今後改めて紹介していきます。
私はNゲージの運転は基本的に自宅のお座敷レイアウトで行っていますが、月1・2ぐらいの割合でレンタルレイアウトで走らせることがありますが、最初は自宅での写真をいくつか紹介したいと思います。

IMG_1956.jpg

EF65 1035号機+タキ12B

九州人ではあるものの、EF65PFが大好きな管理人。きっかけは昨夏発売の雑誌「J-TRAIN」になるのかなと。
そんな訳で(?)、PFが次々に増え、現在では高崎(貨物機)&新鶴見&田端&下関の各所属機、計13両所有している状況です(笑)
初めは所有機最若番、1035号機。実車は2009年に高崎区で廃車後、倉賀野で解体となっています。加工点としては、パッと見直ぐ分かるウエザリングと初期型PFでは珍しい通風ダクトを設置しました。ヘッドライトに関しては購入時期のTOMIX0723が品切れ状態だったため自分でLEDチップに交換しました。そのため、TOMIX0723に交換した釜に比べて明るいです(^^;

IMG_1977 (1)
IMG_1978.jpg

左:EF65 1040号機 右:EF65 1069号機 (写真上:1エンド正面 下:2エンド正面)

続いては2両のPFを。管理人の機関車は基本的に1エンド先頭で走らせますが、この2両は両エンド先頭に立ちます。
PF1040の加工点は、ウエザリング(主に屋根)や1040番台に見られたジャンパ栓撤去跡の再現、そして2エンド側のスカート補修跡再現です。再現といっても、薄いグレーで塗っただけですが・・・結構それらしくなるかなと(笑)
PF1069の加工点は、ウエザリングのほか1エンド側は貫通扉の塗装剥がれを実車通りに再現しました。2エンド側に関しては、3色更新の貫通扉・スカート補修跡を再現しています。PF1069は自宅での運転では毎回登場しますが、両エンドとも特徴があるので毎回「今日はどっちのエンド先頭にしようか・・・」と迷ってしまいます(笑)


IMG_1991.jpg


EF65 1119号機+ホキ20B+タキ16B(5764レ再現)

今回の最後は原色クリームナンバーで大人気だった1119号機で締めます。
実車は周知のとおり、新鶴見PFの2000番台化まで唯一の原色+原色プレートとして知られてましたね。下関から新鶴見への移籍当初は貫通扉が白Hゴムでしたが、2008年12月の最終全検で写真の仕様になっています。
写真の中では髙機EF65の名物運用、ホキ+タキの長大編成で有名だった頃の5764レを模した編成を牽引しています。実際の長大編成5764レは2008年3月頃?にタキの連結がなくなったので、この全検明け仕様の1119号機の牽引はなかったでしょうね・・・(;´・ω・)

写真は少なめですが今回は以上です。
では最後までご覧いただきありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © 2017 Yuki 5051レの鉄道日和. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。