福岡県内(稀に他県の)の列車撮影、鉄道模型を紹介します。
Yuki 5051レの鉄道日和
自身所有の鉄道模型達IN自宅 その1
2017-03-15-Wed  CATEGORY: 鉄道模型
こんばんは。本日2度目の更新です。久しぶりの模型記事になりますね。
ちょっとしたお知らせになりますが、当ブログ開設初期に更新した所有車両紹介の2つの記事ですが、投稿後に多数の変更点があったため、削除させていただきました。そこで紹介されてた車両は今後改めて紹介していきます。
私はNゲージの運転は基本的に自宅のお座敷レイアウトで行っていますが、月1・2ぐらいの割合でレンタルレイアウトで走らせることがありますが、最初は自宅での写真をいくつか紹介したいと思います。

IMG_1956.jpg

EF65 1035号機+タキ12B

九州人ではあるものの、EF65PFが大好きな管理人。きっかけは昨夏発売の雑誌「J-TRAIN」になるのかなと。
そんな訳で(?)、PFが次々に増え、現在では高崎(貨物機)&新鶴見&田端&下関の各所属機、計13両所有している状況です(笑)
初めは所有機最若番、1035号機。実車は2009年に高崎区で廃車後、倉賀野で解体となっています。加工点としては、パッと見直ぐ分かるウエザリングと初期型PFでは珍しい通風ダクトを設置しました。ヘッドライトに関しては購入時期のTOMIX0723が品切れ状態だったため自分でLEDチップに交換しました。そのため、TOMIX0723に交換した釜に比べて明るいです(^^;

IMG_1977 (1)
IMG_1978.jpg

左:EF65 1040号機 右:EF65 1069号機 (写真上:1エンド正面 下:2エンド正面)

続いては2両のPFを。管理人の機関車は基本的に1エンド先頭で走らせますが、この2両は両エンド先頭に立ちます。
PF1040の加工点は、ウエザリング(主に屋根)や1040番台に見られたジャンパ栓撤去跡の再現、そして2エンド側のスカート補修跡再現です。再現といっても、薄いグレーで塗っただけですが・・・結構それらしくなるかなと(笑)
PF1069の加工点は、ウエザリングのほか1エンド側は貫通扉の塗装剥がれを実車通りに再現しました。2エンド側に関しては、3色更新の貫通扉・スカート補修跡を再現しています。PF1069は自宅での運転では毎回登場しますが、両エンドとも特徴があるので毎回「今日はどっちのエンド先頭にしようか・・・」と迷ってしまいます(笑)


IMG_1991.jpg


EF65 1119号機+ホキ20B+タキ16B(5764レ再現)

今回の最後は原色クリームナンバーで大人気だった1119号機で締めます。
実車は周知のとおり、新鶴見PFの2000番台化まで唯一の原色+原色プレートとして知られてましたね。下関から新鶴見への移籍当初は貫通扉が白Hゴムでしたが、2008年12月の最終全検で写真の仕様になっています。
写真の中では髙機EF65の名物運用、ホキ+タキの長大編成で有名だった頃の5764レを模した編成を牽引しています。実際の長大編成5764レは2008年3月頃?にタキの連結がなくなったので、この全検明け仕様の1119号機の牽引はなかったでしょうね・・・(;´・ω・)

写真は少なめですが今回は以上です。
では最後までご覧いただきありがとうございました。
コメント0
名古屋撮影記録~最終日、おまけ編~
2017-03-15-Wed  CATEGORY: 撮影記録
こんばんは、Yuki5051レです。
またまた随分と間があいてしまいましたね・・・(;´・ω・)
前回記事の最後に少しだけ触れたネタ釜の5087レ、それについて紹介します!

今や新鶴見EF65の標準スタイルとなった助手席窓の通風ダクト。2000番台化当初は数台で見られた未設置車でしたが、ここ最近の全検または臨時入場により未設置車はこの機関車のみに・・・

EF65 2096号機。

国鉄時代は東京機関区に配置され、華の寝台特急牽引機として活躍し、現在は周知の通り貨物の機関車として活躍し続けています。原色化で話題の2139号機やカラシこと2127号機に比べると目立たぬ存在ではありますが、個人的にはネタ釜の1両です。
そんな2096号機ですが、2016年11月6日の遠征最終日、5087レに入ってくれたのです!!

_DSC3585.jpg

はるか遠くから姿を現した2096号機。先行貨物のEF66が高速通過していったのに対し、かなりゆ~っくりとしたスピードで来ました(笑)

_DSC3591.jpg

5087レ EF65 2096号機+コキ20B

この時、帰りの新幹線出発20分前でしたので5分以上の遅延だとあきらめる予定でしたが無事定刻に通過していきました。また初日の5087レで撮影した2087号機と同じ1エンド先頭でしたが、貫通扉の塗装が剥がれカラシ部分が見えてますね(^^;
もういっその事、全部剥がして2080号機みたいな半カラシにしちゃえ

_DSC0001.jpg

最後に2096号機の特徴であるこの部分を強調して(笑)

現在現役の2096号機以外の新鶴見EF65は全て助手席側の左窓にダクトが設置されており、貨物更新色でこの形態なのは2017年2月現在では休車中の2061号機と今回の2096号機のみとなっています。2096号機自身も前回検査が2010年12月なので、現在は休車期間の延長分で走っています。今は少しでも長く走って欲しいところです。

今回は以上です。ご覧いただきありがとうございました。


コメント0
名古屋撮影記録、総集編
2017-01-30-Mon  CATEGORY: 撮影記録
こんばんは、Yuki5051レです。
また前回更新とかなりの時間が空いてしまいましたね(^^;
当ブログを見てくださる方々には大変申し訳ございません。
前回まで計3回に渡って更新して参りました、11月の名古屋遠征ですが遠征から随分と日にちが経過してしまった他、新たなネタも入って来たので、今回の総集編と次回のおまけ編で本遠征の更新を終了したいと思います。
前回の更新では3日夕方までの撮影を紹介しましたが、まずはその日の夕方~夜、印象に残ったシーンをいくつか・・・

75レ

17:15 72レ DD51 1804号機+853号機+タキ1*B

朝の試2571レで大失敗をした853号機が次位とはいえ、再び目の前に現れてくれました♪
この運用の折り返し?衣浦臨海鉄道で有名な白ホキ牽引となるのですが、残念ながら撮影していませんorz
先頭の1804号機も愛知凸では少数派のスノプロ有の機体なのである意味珍しい重連ですね(笑)

凸1147ムド

22:25 1254レ EF64 1039号機+DD51 1147号機+コキ5?B

当初この遠征目的の1つとして、かつて門司区在籍だった凸853・1147号機の撮影がありましたが、運用入りしている姿はそれぞれ、初日に撮影することができました。853号機は残念ながらこの72レの撮影以降会えませんでしたが、1147号機は翌日も四日市・名古屋で撮影することができました。

_DSC3458.jpg
_DSC3462.jpg

上:DD51 1147号機(色褪せがすごいことに・・・) 下:DD51 1801号機

11月4日はDD51の聖地、四日市まで足を延ばしました。途中三岐鉄道の古豪電機を富田駅で発見しましたが、特急乗車のため下車できず見鉄で過ごしました。何気にその時の乗車車両がキハ85のトップナンバーだったり(笑)
四日市駅ではレンタサイクルがあり、四日市港に行くべく借りようとすると係りのおじさんが、「港の方行かれますか?」と聞かれてきたので「結構多いですか?撮影に来られる方は?」と聞いた所、自分のような方が何名かいらっしゃったようです(笑)
自分が四日市到着時の構内にはDD51 1146+1803号機の重連タキ列車、DD51 1147+890号機の重単、そして奥には昨年に同形式最後の全検機として出場したDD51 1801号機と、凸だらけでまさにDD51の聖地と呼ぶにふさわしい光景でした♪
以下は、四日市界隈で撮影したDD51の列車達です。

_DSC3469.jpg

14:22 5380レ DD51 1146号機+1803号機+タキ18B

 _DSC3504.jpg_DSC3545.jpg

15:10~50 5366レ DD51 875号機+セメントタキ16B

_DSC3532.jpg

15:45 72レ DD51 1147号機+1803号機+タキ18B(面縦なので、次位機が写らず・・・)

割と短い時間の中で、3本もDD51列車を撮影できたので十分満足できました。そして72レの撮影をもって四日市を経ちました。
DD51が現役なうちにはまた訪れたい場所でしたね(^▽^)/たぶん今年もまた行きますw(GWあたりかな?)

最後が急ぎ急ぎでしたが、以上で今回の名古屋遠征の報告は終了します。次回はおまけとして、遠征最終日に今やあることで貴重な存在になった釜が5087レに入ったのでそれを少しだけ紹介したいと思います。

では、最後までご覧いただきありがとうございました。






コメント0
名古屋撮影記録~名古屋駅周辺編~
2016-12-19-Mon  CATEGORY: 撮影記録
こんばんは。最近多忙のため更新を行えず、やっと更新の時間が確保出来たYuki5051レです。
つい最近の出来事のように思える名古屋遠征ももう一ヵ月以上前になるんですね(^^;

さて、清州での撮影を終え名古屋駅に戻った私。名古屋駅でも清州と変わらず貨物ラッシュですW
九州にもこれくらいの本数の貨物が(しかも形式多数で)来たら最高なんですけどね~(笑)

_DSC3320.jpg

14:17 2076レ EF210 148号機+コキ10B 名古屋駅にて

桃太郎ことEF210となると、20両以上のコキを牽引するイメージが私にはあるんですが、この列車では10両という可愛い編成で通過していきました。

_DSC3325.jpg
_DSC3331.jpg
_DSC3326.jpg
_DSC3336.jpg


14:26 8661レ キヤ97回送 DE10 1570号機

2076レ撮影後12番線に撮影者が集まりだしたので猛ダッシュで移動。するとDE10がキヤ97を牽引して停車していました。
キヤ97もスノプロなし貨物DE10も初撮影。夢中で写真を撮っているとDE10が解放され、すぐに回送されました。
一方、キヤに関してはしばらく停車。じっくり撮影できました。こうしてみるとかなり独特な顔立ちですね、この子は(笑)

追記:上記のDE101750号機ですが、2017年3月末頃に岡山機関区への転属が確認されました。転属後も甲種牽引等で引き続き活躍しているようです。今まで中京地区での活躍お疲れ様でした。(2017.5)

_DSC3354.jpg

14:44 3084レ EF64 1005号機+EF64 1049号機+タキ14B(トリミング済み)

中央西線界隈でも有名な3084レ、ちょうど通過時間だったので撮影できました。釜は大宮色の1005号機と似非広島更新色の1049号機がきてくれました♪今回の遠征で撮影したEF64重連の貨物はこの列車のみ、貴重な一枚となりました(汗)
ん?2機のエンドの向きが違う?奥にカモレが?細かいことは気にしない、撮れただけで満足です♪
隣で小さな男の子がお父さんと一緒に撮影されてましたが、良い写真は撮れたかな~ヾ(o´∀`o)ノ
この後はあおなみ線に乗って名古屋貨物ターミナルの最寄りの駅へ。

_DSC3371.jpg

ND55 213号機 入換中 名古屋貨物ターミナルにて

名古屋臨海鉄道の機関車です。かなり使い込まれた感じですね。私が訪れた時には今では数を減らしつつあるコキ50000数両を入換してました。
なんだかDD13にそっくりな機関車です(というかそれを元にしたのかもしれないですね)。
その後DD51 875号機の75レを狙うべくささしまライブ駅で構えるんですが・・・
通過時刻になると背後から列車の音が・・・

_DSC3378.jpg

・・・・・・・
方向間違えた~‼(゚д゚;)

冒頭で紹介した列番が偶数の2076レが名古屋タ方面に行ったので、奇数列番の75レは名古屋方面に来ると思いきや、まさかの四日市方面に・・・後で時刻表を確認するとちゃんと四日市方面に下ると記載が。しっかりと前もって調べることの大切さを痛感しました(^^;

最後がgdgdになってしまいましたが今回は以上です。次回はいつになるか分かりませんが、同日夜撮影の列車達を紹介していきたいと思います。
では、最後までご覧いただきありがとうございました。










コメント0
名古屋撮影記録~清州駅編&その他~
2016-11-17-Thu  CATEGORY: 撮影記録
こんばんは、Yuki5051レです。
前回は稲沢駅・周辺で撮影した車両を紹介しましたが、今回はその約2時間後より清州駅で撮影した列車を紹介していきます。
この列車から撮影再開です!

_DSC3263.jpg

10:32 5780レ EF64 1010号機+ホキ24B

先日、美濃赤坂駅で発生した脱線事故の影響で運転が心配だった赤ホキでしたが、無事に運転、定刻でやってきました。
まさか、元試験塗装の1010号機が来るとは・・・(嬉)ちなみに、この駅では同じ赤ホキの8785レ交換しますが、そちらの牽引はロクヨン1035号機でした。写真は・・・まさか清州構内で交換するとは思わなかったので、見鉄で終わりましたorz

_DSC3278.jpg

10:41 2089レ DD51 892号機+コキ17B

赤ホキの次は稲沢駅よりDD51がやってきました。なんと私がNゲージで所有している892号機でした♪ちなみにこの機関車、夜にも出会いますが、それはまた後程・・・
機関車次位と3両目のコンテナ?が九州地区では(というか、稲沢・四日市界隈限定?)一切見ることができないので、初めて生で見れたことに感激しながら撮影してました(笑)どこかのメーカーが、これらのコンテナ製品化してくれないかな~と思ってます。

_DSC3289.jpg
_DSC3233.jpg


撮影は旅客ホームからなので、待機・撮影中に313系・211系・キハ85系が停車、あるいはかなりのスピードで通過して行きます。
また、定期列車だとは思いますが、こちらも初めてな681系(画像は愛知機関区編の時間に撮影)も通過しました。

_DSC3298.jpg

11:00 7090レ EF210 8号機+コキ24B

いよいよ本命・・・の前にまさかの上り貨物が来ました。桃の0番台は昨年12月の初めて幡生で留置していたEF210群を撮影した時以来ですね。ちなみにその時一緒に撮影したEF200 14号機ですが、先日吹田の解体線に入ったとか・・・泣
以下2枚は、一眼レフを購入して初の幡生バルブ撮影のワンシーンです。 

DSC_0301.jpg
DSC_0322.jpg

2015年12月19日撮影 上 左奥:EF210 306号機 左手前:EF200 14号機 
                 右:EF210 17号機他
                 下 EF210 306号機 出発待機中

ちょうどEF200の休車&廃車が多発し始めた頃で、この日は先輩のお誘いで仕事終わりの撮影にご一緒させていただきました。当時私は三脚を持っておらず(今もですが 汗)、先輩の三脚をお借りして撮影した写真がこれでした。とても幻想的で、その時の感動は今も忘れないです。加えて、EF200の隣は最近配属となった桃306号機だったので、主役交代(ちょっと大げさかな?)のような感じでしたね。

そんなことがあったな~と思いつつ、後追いすると・・・おっ!?

_DSC3299.jpg

本命の列車が接近してますね。ホームにはほかにも数名の方がいらっしゃいましたが、皆さん一斉にカメラを向けました(笑)

_DSC3307.jpg

11:04 5087レ EF65 2087号機+コキ20B

関西・四国運用への送り込みを兼ねているため、新鶴見EF65の運用の中では5086レと並び最長距離の運用となります。
牽引は新鶴見では一番多い更新色赤プレ機の2087号機ですが、前回の全検前は貫通扉の塗装剥離が激しいことで有名でしたね(笑)牽引する貨車は今年7月よりコキ104・106・107での組成となり、コキ50000は完全に撤退してしまいました。この翌日?に牽引する75レには数両連結されているみたいですが・・・
これまでに通過した貨物は比較的ゆっくり目な速度でしたが、5087レは高速貨物列車の名に恥じない疾走ぶりでした。念願が叶ったので撮影後に思わずガッツポーズをしてしまいました(^^;

_DSC3314.jpg

11:19 3091レ  EF64 1002号機+EF66 132?号機+コキ24B

清州撮影最後は、この3091レです。なんとEF64は貨物機トップナンバーの1002号機が来てくれました。名古屋で異種重連の貨物といえば、ほかにもDD51+EF66の1353レが有名ですね。九州では異種重連の定期貨物はありませんが、今年2月、ED76がEF81の代走で入った際に異種重連が実現していました。私も超ド下手(滝汗)ながらも撮影していました。↓

2073レ 76-83先頭代走

2073レ ED76 83号機+EF81 503号機+コキ20B 今年2月17日撮影

門司区の運用はかなり先読みが難しく、この日は大牟田貨物に代走で入ったED76 83号機がそのまま代走でEF81重連運転である2073レの先頭に立っていました。金太郎こと、EH500が代走で先頭に立ったことは何度かあるようですが、九州でも貴重になりつつあるED76が2073レの先頭に立ったのは私が把握している限りは、この時だけのようです。

途中に幡生ネタ、最後が九州ネタに脱線しましたが、今回は以上です。
次回は名古屋駅での模様をご紹介します。
では、最後までご覧いただきありがとうございました。





コメント0
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2017 Yuki 5051レの鉄道日和. all rights reserved.